いわき常磐もの

  • Home
  •  /  いわき常磐ものとは

築地の水産関係者99%が「常磐ものは美味しい」と回答 築地の水産関係者99%が「常磐ものは美味しい」と回答

魚と言えば、やはり築地。特に水産物については世界最大級の取扱規模である築地市場で水産関係者の方々に常磐ものについて聞きました。すると、その99%が、「常磐ものは美味しい」と答えたのです。日頃、常磐ものの魚が高値で取引されているのも納得の結果です。 出典「平成27年水産関係者調査」(株式会社 電通)

寒流と暖流が交わる豊かな漁場 寒流と暖流が交わる豊かな漁場

黒潮は、貧栄養でプランクトンの生息数が少ないため、透明度が高く、海の色が青黒色に見えることからこう呼ばれています。一方、親潮は栄養塩が豊富でプランクトンが繁殖し、それを食べて魚が大きくなることから「魚を育てる親となる潮」いう意味で呼ばれています。潮目の海では、黒潮とともに北上してきた様々な魚が、親潮で発生したプランクトンを食べて繁殖するため、質のいい魚がたくさん獲れるんです。

美味しいままに届けるための設備や技術 美味しいままに届けるための設備や技術

魚にとって大事なのは、魚そのものの美味しさもさることながら、その美味しさをいかにそのまま食卓に届けられるか。常磐ものは最新の設備で鮮度を保つための様々な取り組みを行なっています。

携わる人々のきまじめな心意気 携わる人々のきまじめな心意気

「常磐もの」は、本来は昔の常陸国(現在の茨城県)と磐城国(福島県浜通り)の沿岸海域で獲れる魚介類を指すことばですが、いわき市では、この「常磐もの」をキーワードに、いわきに水揚げされる魚介類、伝統と工夫から生まれる水産加工品、さらにはそれらに携わる水産関係者も含めて、いわきの「常磐もの」としてブランド化しています。

「常磐もの」魚種紹介 「常磐もの」業種紹介

「常磐もの」生産者インタビュー 「常磐もの」インタビュー

(有)上野台豊商店 社長上野臺 優 さん
生鮮サンマの出荷、サンマのポーポー焼やサンマの開きなどの加工品の製造・販売を行う上野台豊商店の社長。震災後には、大手飲料メーカー支援のもと「小名浜さんま郷土料理再生プロジェクト」の活動も行っている。

サンマのみりん干しやポーポー焼きも、いわきの郷土料理の一つ。特にポーポー焼きは、魚が苦手だった小さな頃から「おいしい」と食べていました。僕の会社で販売している商品は、そんな「昔ながらの家庭の味」を目指しています。そういった商品を通して、いわきの味を受け継ぎ、多くの人に広めたいというのが僕の一番の思いです。

震災後その思いが強くなり、「小名浜さんま郷土料理再生プロジェクト」を設立しました。地元の水産加工会社や飲食店などと協力して、サンマを使った郷土料理の商品化のほか、県内や東京都内のイベントに参加しています。イベントの一番の目的は、実際に食べてその味を実感してもらうこと。おいしいものには、自然と人が集まってきますからね。

実は、イベントを開始した当初は風評被害もあるのではないかと不安に思っていました。でも、そんなことはなく、むしろ「これ何?」とすごく興味を持ってもらえたんです。試食をしておいしかったら買う。とてもシンプルなんですよね。そういう中で、僕と同じようにお子さまにも「おいしい」と知ってもらうことで、いわきの郷土料理がずっと受け継がれていけばいいなと思っています。

一言メッセージ
いわきの郷土料理を守り、広げていく。
それが僕の仕事です。

×

常磐ものキャンペーン第弾