お知らせ

  • Home
  •  /  イベント  /  『常磐者』になろう!~海のおしごと合宿~を開催しました!

『常磐者』になろう!~海のおしごと合宿~を開催しました!


 7月29日(月)・30日(火)の2日間、「『常磐者』になろう!~海のおしごと合宿~」が開催され、小学5年生~中学1年生17名が1泊2日でいわき市の水産業に関する様々なことを楽しく学びました。

 
 初日は、福島県立いわき海星高等学校にて、同校生や先生に教わりながら、海のお仕事には欠かせない「ロープの結び方」や海上をモニターに映しながら船の操作を練習することが出来る「レーダーARPAシミュレーター」などを体験しました。


初めは控えめだった子供達も時間が経ってくると皆、仲良くなり、ワイワイと元気に楽しく学んでいたようです。
 体験実習後は、同校生に手伝ってもらいながら、自分たちでいわき産ホッキ貝をさばいて「ホッキ貝のバター焼き」や郷土料理「さんまのポーポー焼き」などを調理して、皆でおいしくいただきました。

 
 2日目は、久之浜港にて漁師体験!

 漁師さんの船に乗船して漁を見学し、さし網漁の網にかかった「ガザミ(ワタリガニ)」の網外しや、堤防での釣りを体験しました。

 風を切って進む船は気持ちよく、間近で迫力ある実際の漁の様子を見学し、帰港した後は漁網を切らないように、網にかかったカニを慎重に外したり、漁師になった気持ちで釣りを楽しんでいたようです。
そして、お昼ごはんは、いわき市漁業協同組合女性部が作る「サンマのつみれ汁」や「メヒカリの唐揚げ」などの漁師料理をいただき、最後に地元で獲れた好きな魚を使ったカラフルな魚拓を作って、1泊2日間の合宿が終了しました。

 
 参加した子供達からは、「今まで興味がない魚に興味がわいた」、「自分たちで作った料理もおいしかった」、「常磐者になれた気がした」、「今度は実際に漁の網を引いてみたい」などの感想があがりました。
 
 身近にある豊かな海や美味しい魚に触れ、「常磐もの」やそれに関わる色々な体験をし、貴重で楽しい思い出となったようです。
 
 いわき常磐ものホームページでは、これからも「常磐もの」に関するイベントや教室の情報を発信していきますので、皆さんもぜひ参加して、普段の生活では学べない「常磐もの」のアレコレを楽しく学んでみてください!


×

LINE@