お知らせ

  • Home
  •  /  イベント  /  いわきを代表する魚“ヤナギガレイ”の紹介

いわきを代表する魚“ヤナギガレイ”の紹介


 ヤナギガレイはいわき市民が「ヤナギガレイの干物」を贈りものにする方も多い常磐ものを代表する高級魚のひとつ。丁度この時期、冬から春にかけて底ひき網漁で漁獲されます。ヒラメに似た姿ですが、目が2つとも右側にあるのがヤナギガレイの特徴です。
身は白身であっさりとしながらも皮と一緒に食べるとヤナギガレイでしか味わえない美味しさがあります。中での子持ちのヤナギガレイは卵の甘味も味わえ絶品の美味しさ!

この時期、市内魚屋さんでは店先に干されていることが多いと思いますので、見つけた際には、ぜひご購入いただき味わってみてください。

 

★美味しく焼くワンポイントアドバイス!!
背骨にそって包丁で切れ目を入れてから焼くと身がほぐれやすく食べやすくなります。

漁法

底ひき網

特に美味しい時期

12月〜3月

食べ方

干物、天ぷらなど

販売店

市内魚屋 http://joban-mono.jp/shop

※水揚げ状況により販売がない場合もあります。事前に各店にお問合せください。


×

LINE@